HOME > ブログ > その他/制度・知識

ブログ

その他/制度・知識

  • 2019年4月11日

    『ウッドワン ニュージーランド山林・工場見学研修ツアー』第三弾

    昨日に引き続き、今日は、ツアー三日目をお伝えします!

    本日は、いよいよニュージーランドの国内線で

    ギズボーンに向かい、ウッドワンのJNL工場視察の日です。

    朝、それぞれで朝食を取り、ホテルを6時半に出発。

    夜が遅くまで明るい分、朝は陽が昇るのは遅く真っ暗でした。

    日本なら既に太陽が見える時間ですが、

    オークランドは6時半でもお月様です。

    真っ暗の中、国内線の空港に着きました。添乗員さんの様子がおかしい…

    空港中を走り回ってバタバタと。なんと霧の発生でフライトが中止。

    何度も交渉をしてくれましたが、結局の所、本日のギズボーンの工場見学は中止が決定!(涙)

    旅にハプニングは付き物。一旦、ホテルに戻り午後からのツアーに。

    それもいい思い出になる・・・なんて前向きに捉えることが大事(笑)

    気持ちを切り替えてマイナスをプラスに変えようということで

    オークランドの街を一人探索することにしました!

     

    不思議なのは街を自分の足で歩いているとその街を肌で感じている気がしました(嬉)

    ツアーの中では感じることが出来ないことが感じれるとでも言いましょうか・・・

    ニュージーランド人のおおらかさを自然と感じます。日本と違ってセコセコしていません。

    教会をみたり、ヨットハーバーに行ったり、地元の市民たちが集まる場所に行けたり、

    この時間は時間でオークランドを肌で感じる楽しい時間になりました。

    約束の時間にはホテルに戻り、ツアーの仕切り直し。

    ウッド・ワンのスタッフさん、ナイスのスタッフさん、

    添乗員さんが急遽、予定を変更して出来るツアーを組んでくれました。

    先ずは、ニュージーランドのワイナリー見学。

    ニュージーランドのワインの歴史はフランスやイタリアといった主要な

    ワイン生産国と比べると浅く、生産量は、「白ワイン:赤ワイン=6:1」といわれています。

    ニュージーランドの有名なワインと言えば、ソーヴィニヨン・ブランやシャルドネ、

    リースリングなどを使用した白ワインが有名ですが、

    良質な赤ワイン用ブドウ品種「ピノ・ノワール」も忘れてはいけません。

    ピノ・ノワールは非常に繊細な品種で、栽培が難しいのですが、

    ニューワールドにおいて、いち早く栽培に成功させたのがニュージーランド。

    非常にレベルが高いピノ・ノワールが生産されており、そのピノ・ノワールから

    造られる赤ワインは、「ニュージーランドのロマネ・コンティ」とも

    いわれるほど、国際的な評価も高いワインです。

    7種類のワインを飲み比べましたが、初めて飲み比べると

    それぞれ違うもんだなぁーと思いました!

    ワインを堪能した後に向かったのはオークランド博物館。

    ホロ酔い気分で明るいうちからのお酒も旅ならでは・・・(笑)

    ヨーロッパ建築を感じさせる大きな博物館でした。ここでは、ニュージーランドの歴史や文化、

    第一次・第二次世界大戦のことを勉強しました。

    これも不思議なことですが、子供の頃には勉強が大嫌いで嫌だ嫌だやっていた

    勉強が大人になると楽しくなるには何故?やっぱり興味を持つって大事ですね!

    こうして改めて勉強してみると結局、第一次世界大戦も第二次世界大戦も

    各国の経済的に他国より優位に立ちたいという欲から生まれていますね。

    ポツダム宣言に署名した資料や世界最強といわれた旧日本海軍の零式艦上戦闘機、

    日本のゼロ戦が展示してありました。戦争についての資料を見ていると今、

    自分が当たり前に生活をしていることが当たり前じゃないことに気付かされますね。

    何となくですが、自分の人生、生き方について深く考えさせられる感じがします・・・

    てなわけで、ウッドワンのJNL工場視察の予定だった三日目は、飛行機が飛ばず、

    人としての部分や人生についてみたいな深いもの考えさせられる一日になりました!

    さすがにそろそろ『ウッドワン ニュージーランド山林・工場見学研修ツアー』の

    本題に触れたいところではありますが・・・

     

    『ニュージーランド山林・工場見学ツアーブログ』まだまだ続きます!

    第四弾を乞うご期待!

    専務

    ************************************************************************

    『長野・木(無垢)の家・断熱・耐震・自然素材・新築リフォーム/坂田木材株式会社』

    【Address】〒388-8018 長野市篠ノ井西寺尾2772-1

    【TEL】026-292-3203【FAX】026-292-4119

    【HP】http://www.sakata-mokuzai.com  【E-mail】info@sakata-mokuzai.com

    ***********************************************************************

一覧にもどる

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.