ブログ

新築住宅

  • 2018年9月18日

    丁張

    だいぶ涼しくなり、服装も長袖にシフトチェンジしてます。

    日に日に秋が近づいて来ているなぁと感じる

    この頃ですが、皆様風邪など病気にならないように

    お気を付け下さい。

     

    本日、私は久しぶりに現場に足を運び、

    丁張のお手伝いをしてきました。

     

    丁張とは、住宅の基礎を打つのに

    位置を決める大変重要な作業です。

    この丁張を間違えると極端な話、

    基礎が直角に出なかったり、設計GLからの

    基礎天端を間違えたりし、その後の

    住宅を建てる上で大きな問題が出てきてしまいます。

     

    ですので、計算や寸法を間違えないように

    しっかり確認しながら、作業をしていきます。

     

    実際基礎を打つところは根掘り等重機によって土を掘られるので、

    基礎から約1m程離れた場所に、

    基礎の位置を決めるための貫(ヌキ)という木材を止めるため、

    初めに下地として杭を打っていきます。

    赤いテープが基礎の打つ場所、

    そこから、先程述べたとおり離れて杭を打っていきます。

    杭もその後止める貫が波を打たないように

    通りを良くして打っていくのですが、これが結構難しい。

    今回、別件で途中までしかお手伝いできませんでしたが、

    丁張が出来上がるとこんな感じになります。

    これは、別現場の写真ですがこんな形で貫を止めて、

    基礎の高さ、基礎の位置を貫に書いて、

    この後の基礎屋さんに作業してもらいます。

     

    工事としてはこれが一番最初の作業になります。

    また、どんな住宅が出来ていくのか楽しみです。

     

    庄蔵

    ************************************************************************

    『長野・木(無垢)の家・断熱・耐震・自然素材・新築リフォーム/坂田木材株式会社』

    【Address】〒388-8018 長野市篠ノ井西寺尾2772-1

    【TEL】026-292-3203【FAX】026-292-4119

    【HP】http://www.sakata-mokuzai.com  【E-mail】info@sakata-mokuzai.com

    ***********************************************************************

一覧にもどる

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.