HOME > ブログ > 製材/プレカット

ブログ

製材/プレカット

 

  • 【2019年11月12日】長野県産 杉 羽目板

    この4週間弊社では週末見学会を行ってきましたが、多くのお客様の御来場があり、大変感謝しております。誠にありがとうございました。1軒1軒見どころが様々あり、同じ家がない、在来の住宅ならではの感じがしました。今年はこれで見学会は終了ですが、また見学会を開催する際には足をお運びくださいますよう宜しくお願いお致します。 本日のモルダーでは長野県産の杉を使って外壁用の羽目板を作成中です。その羽目板は現在弊社…
  • 【2019年11月5日】長野県産クリフロア

    今朝はとても冷え込み車のフロントガラスは霜が降りました。いよいよ、冬になっていくようなそんな気候でした。秋から冬への季節の変わり目。風邪等には充分にご注意ください。 以前、モルダーで長野県産のクリを使ってフロアーを加工しました。このフロアーはお客様から注文があり作成したものですが、このフロアーを弊社のショールームに使おうということで、更に作り大工さんに張って頂きました。以前作ったものの余りがあった…
  • 【2019年10月22日】長野県産桧柱&見学会ご案内

    昨日の夜から雨が降り、本日はほとんど1日中雨になっていました。午後3時過ぎには避難のアラームがスマートフォンから鳴り、まだまだ予断は許されない状況かと思います。 本日のモルダーでは、長野県産の桧の柱を加工しました。この柱は、次の住宅に使われる柱です。1本1本素性を見ながら加工していきます。天然乾燥で乾かし、日焼け等でくすんでいたものも、削ってみると桧独特の綺麗な赤い節が印象的です。この柱を使ってま…
  • 【2019年10月8日】長野県産桧胴縁

    最近、少しずつではありますが冷え込んできて、長袖がしっかり定着してきました。季節の変わり目風邪など病気にならないように気を付けたいです。 さて、本日は長野県産桧の胴縁を加工しています。ここ、最近ずっと胴縁を作っておりますが、それくらい使用される材料です。大きさは18mmx90mmの外壁の下地に使われるものです。 この桧の材料は実は木工教室でいつも子供用の椅子やティッシュケース、ゴミ箱等用に製材した…
  • 【2019年10月1日】胴縁

    10月に入りましたが、まだまだ日中は暑い日が続いています。また、台風も近づいてきており、今後は雨が降るようです。日中は暑くて、夜明け頃は涼しい時なので、風邪などには充分にお気を付けください。 本日のモルダーでは、胴縁を作っています。先週も胴縁をつくっていましたが、大きさが違い先週の胴縁は18mmx90mmに対し、本日作っていたのは、18mmx45mmのものでした。この胴縁は主に内部の壁の下地に使わ…
  • 【2019年9月24日】胴縁

    最近、寒くなってみたり、暑くなってみたりと、気温の変化が激しいですが、風邪などひいてないでしょうか。体調管理には充分お気を付け下さい。 本日のモルダーは胴縁を加工していました。胴縁の中でも18mmx90mmという厚みと幅の材料です。こちらの材料は主に外壁の下地材となる部材です。1棟建てると結構な量が出るので前もって不足にならないように作っています。材種は長野県産の杉です。長さは4mになります。これ…
  • 【2019年9月17日】長野県産桧間柱

    昨日は敬老の日で、私は久しぶりに祖母が居る福祉施設へ顔を出してきました。久々ということもあり、祖母もだいぶ喜んでいました。皆様は敬老の日はいかがお過ごしでしたか? 本日のモルダーは長野県産の桧を使い、間柱を加工しました。間柱は柱と柱の間に立てる材料で、外壁部分の下地になったり、内部のプラスターボード等の下地になります。間柱は105mmや120mmとありますが、柱の大きさと同じものを間柱として使いま…
  • 【2019年9月10日】長野県産クリフロア

    今回の台風の影響で急に気温が上昇して、体調管理が大変なこの頃ですが風邪などひいてないでしょうか? そんな中、現在モルダーではクリのフロアを作っています。 お客様からの注文で60坪程必要で大量に加工してます。今回、ある程度加工できたので、出来上がったクリのフロアの長さの選別をしています。1枚1枚長さを確認し、同じ長さをまとめていきました。長いもので3,000mmのものから短いもので600mmと分けて…
  • 【2019年9月5日】製材の流れ

    今日は丸太から製品が出来るまでの流れをご紹介いたします。 まず、弊社では丸太を市場から仕入れてきます。丸太の太さを製材士が寸法を測り、歩留まり良く収まるように製材していきます。製材直後は水分を多く含んでおり、すぐには製品として使えません。弊社では、そのため桟積みをして天然乾燥しています。天然乾燥した後、木材は収縮、及び捻じれや反りが起きます。そのため、使用時には再度製材し直し、製品になります。お施…
  • 【2019年8月27日】各材料準備

    最近、夜になってだいぶ涼しくなり、寝苦しいと思うことがほとんどなくなってきました。本日の日中は曇りでそこまで暑くないように感じます。 そんな中、本日は床材や羽目板、集成材が現場で必要になり、その材料を用意しました。まずは羽目板、桧の羽目板と、杉の羽目板です。上の写真が桧の羽目板です。そして、下の写真が杉の羽目板です。 次に用意したのが集成材です。集成材は30mm、25mm、20mmと使用する場所に…

←PREV  NEXT→

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.