HOME > ブログ > 製材/プレカット

ブログ

製材/プレカット

 

  • 【2020年2月18日】本日のモルダー&見学会のお知らせ

    本日は久しぶりに雪も舞い、肌寒い一日でした。巷では、新型肺炎の話題がもちきりで、日に日に感染者も増えてきてます。一番は手洗いうがいをしっかり行うことが大切のようですが、当然この時期はインフルエンザもありますので、皆様体調管理には充分お気を付けください。 本日のモルダーは長野県産桧を使って、間柱を作成しています。厚みが30mm幅が120mm長さが3000mmのものになります。桟積みをして乾燥させてい…
  • 【2020年2月6日】本日の製材

    暖冬の今年は雪が全くなく作業ははかどりますがこの気候は心配になります((+_+)) 毎年この時期は桧や赤松など、先々、桁として使用する木材を製材しています。今は桧の125×125サイズを製材しています。このままでは水分を多く含んでいるため、桟積みをして乾燥させ、使用する時にもう一度製材機で挽いて120×120サイズの製品となります。 乾燥させ、お客様の住宅で使用するにはまだまだ時間が掛かりますが資…
  • 【2020年2月4日】外部胴縁

    今年は雪が全くと言っていいほど降らない日々が続いております。このまま、今季の冬は降らないで終わるのかなぁと思っている今日この頃です。 さて、本日のモルダーは外壁材の下地に使われる胴縁を加工しています。大きさは厚みが18mmで幅が90mm、長さが4mになります。5枚で1束になるのですが、だいたい1棟で25束前後使われています。この胴縁が最近不足しており、現在急ピッチで作成中です。こちらが加工前の材料…
  • 【2020年1月28日】本日のモルダー

    先日の週末に行われました見学会。多くのお客様がお越しになられまして、誠にありがとうございました。天候も肌寒い日ではありましたが、雪や雨も降らず、また肌寒かった分しっかりとした断熱をしたうえでのパネルヒーター等の輻射熱による暖房設備がとても暖かく、そして居心地の良い空間だと感じられたのではないでしょうか。今年初の見学会でしたが、今後も引き続き見学会が行われていきますので、是非こういった機会に体感して…
  • 【2020年1月14日】本日のモルダー

    昨年末から寒くなったと思ったら、ここ最近はそこまで寒くなく雪も全然降らない状況で、スキー場はどうなのかなぁと思う今日この頃です。 本日のモルダーは長野県産の杉を使い、桟木を作成しています。 桟木は、土木用材によく使われる材料です。これから、土木関係が年度末で工事が多くなってくるので事前に加工しています。桟木は6本で1足になるのですが、注文があるときは10束とか一気に注文が来ることが多いので、余裕を…
  • 【2020年1月7日】新年明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます。令和2年となり、弊社は本日から仕事始めとなりました。 モルダーも本日からバリバリ加工しております。今日は、長野県産桧を使い、大引を加工しています。大引は1階根太の受け材で約90mmピッチで使われる材料です。大きさは90mmの角材です。長さは4mのものになります。だいたい1棟に10~20本程使われています。1階床の一番の受け材となる材料です。建前が終われば必要とな…
  • 【2019年12月24日】長野県産桧1階根太

    今日は風もあったせいか、一段と冷え込み4時前頃には雪もパラパラ舞いました。 そんな中、本日のモルダーは長野県産桧を使って1階根太を加工していました。長さは4mの物になります。桧は水や虫に強い部材なので、1階部分の土台や大引、根太といったところは是非桧を使いたいところです。1階根太は2階根太と違い、厚みが少し薄めで55mmに仕上げています。ちなみに2階根太は厚み90mmです。何故薄くても良いかという…
  • 【2019年12月17日】2階根太

    最近寒くなり、ちょっと体調を崩し始めてしました。。。どうやら風邪のようです。 最近インフルエンザも流行っているようですので、皆様もお身体には充分お気を付け下さい。 現在モルダーでは2階根太を作成しています。建前の数日前に大工さんが垂木、針葉樹合板、そして2階根太を長さカットや加工をしに会社へ来ます。本日も大工さんが来られて垂木や2階根太を加工しに来ています。 それと同時に私の方では、加工した2階根…
  • 【2019年12月10日】付加断熱下地材

    ここ最近朝になると、車のフロントガラスには、霜が降りていることが当たり前になってきました。そろそろ、タイヤもスタッドレスタイヤに履き替えないといけない時期に来たなぁと思うこの頃です。 今日のモルダーは付加断熱の住宅を建てるときに必要な断熱材の受け材を加工しています。 通常柱と柱の間に入る断熱材(グラスウール)は縦方向に使われ、付加断熱をするときの断熱材は横方向に使われます。そうすると、断熱材が縦と…
  • 【2019年12月5日】割れ止めを塗りました!

    製材の小池です。早いもので、今年も残すところ一か月余りとなりました。一年過ぎるのが、早いです。 さて、写真は桧の桁(けた)です。赤身の節がキレイですね。 桁の板目部分に割れ止めを塗っています。木材は天然乾燥の過程で板目部分に割れが生じてしまいます。それを少しでも抑える効果が期待できます。 割れ止めが乾いた状態です。あとは桟積をして、乾燥させその後、化粧桁として使います。この様に、木材の製品管理には…

←PREV  NEXT→

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.